シビックのかいとりが高かったわけ

シビックのかいとりが高かったわけ

シビックのかいとりが高かったわけ

鈴鹿サーキットで競り合いを通じていた関係から、 N1競り合い用のシビック(EG6)を売却した経験があります。 競り合い用と聞くと、車歓迎ならば誰もが「おぉ〜」という 羨望って憧れのまなざしを向けては頂けるが・・・ 但し売るとなったら報告は別で、買い取ってくれる仕事場がなかなかないのです タウンページの『ユースドカー買い込み』の欄を開いて、 片っ端から電話で問い合わせしました。ただし車が競り合い用として 断られ続けました。そんな時、ふと通りかかった近所のユースドカー屋氏に もっての外元でかいとりできるか聞いてみると、最初は格好よい外見をされたのですが 「車を見てから」という返事を貰えたのです。 そうして決定。「車は綺麗で喜ばしい具合なので買い取らせて味わう」 やったと思ったのも一刻。買い込みプライスは20万でした・・・ 車自身が個数プレートの欠ける競り合い用であり、 走らせる箇所がサーキットに限られているということもあるのでしょうね。 車自身は競り合いクラスなので、歩きに特化した色んなパーツもついていますし 利益はそれなりに因るのですが 「普通の乗用車のように、直ちに買主が現れないから」 ので買い込みプライスは非常に安く、高くは買い取ってはくれませんでしたね。 サーキットでは、誰もが羨望のまなざしを向ける競り合い自家用車ですが ユースドカー市場ではこういうザマ・・・ 利益をかけた車だから激しく売れるわけではない。 それを痛感した買い込み経験でした。

車買取 群馬県内高価買取ランキング!

トップへ戻る