ローンがまだ終わっていない車の売却をしました。

十年ほど前、

 

ローンがまだ終わっていない車の売却をしました。
ローンがまだ終わっていない車の売却をしました。

 

以前にも一度売却したことがあったのですが、

 

その時は所有者の切り替えなどが大変だったので、

 

購入する時に始めから自分が車の所有者として登録される、

 

銀行のマイカーローンを利用して車を購入することにしたのです。

 

 

しかし、

 

以前から憧れていた車が驚くような低価格で手に入ると知り合いのディーラーに教えてもらい、

 

これを逃したら二度と憧れの車には乗ることが出来ないのではないかと、

 

車のローンはまだ残っていたのですが、

 

車を買い換えたいと思い、

 

車の売却を行うことにしました。

 

 

買取りの査定を行ってくれるディーラーに査定を行ってもらい、

 

どうにか値段がつき、

 

ローンの支払いが残っているものの、

 

所有者だから車の売却は簡単なのかと聞いてみると、

 

渋った顔をして所有者が本人であっても、

 

場合によってはローンが残っているときには売却ができないことがあると言われたのです。

 

 

所有者が車を売る権利を持っていると聞いていたため、

 

わざわざ銀行のマイカーローンを利用したのに、

 

所有者が自分でもローンの返済が終わっていないのであれば、

 

勝手に車の売却をすることができない場合もあると言われ、

 

マイカーローンを組んだ銀行に相談をしました。

 

残りのマイカーローンは三十万円で、

 

買い取ってもらった車のお金で返済をすることも出来、

 

もしも買取り金額が残りのローン額に届かなかったら、

 

新しい車を購入する際にローンを組むのであれば、

 

そのまはまローンの上乗せも出来ると説明されました。

 

 

そこで、

 

車の売却を視野に入れて査定をしてもらい、

 

思ったよりも金額はいかなかったのですが、

 

残りのマイカーローンを賄えるため、

 

そのまま売却の手続きに進んでくれました。

 

ローンの返済を滞りなく行っていたので、

 

売却をして買い換えもできたのだろうと、

 

ディーラーにいわれて、

 

無事に以前乗っていた車を手放すことができました。

 

所有者が自分でも結局はローンがある状態であれば、

 

簡単には車の売却ができないということをこれでよく理解できました。
ローンがまだ終わっていない車の売却をしました。
しかし、

 

ローンを返済中であっても所有者が自分以外でも

 

ローンを返済中であっても所有者が自分以外でも、

 

マイカーローンで自分が所有者の場合であったとしても、

 

車の売却が出来る可能性というのはあるのだということを知りました。

 

 

ローンが残っている車は買い取ってもらうことができないというのは、

 

大きな誤解だったのです。

 

できればローンを返済してしまうまでは乗りたいところですが、

 

自分のさまざまな事情で買取りしてもらえる可能性があるのはありがたいです。

 

 

 

トップページに戻る

 

ローンがまだ終わっていない車の売却をしました。