ローンの残っている愛車を売りました

私が車の売却をした時の話しです。

 

2010年、スズキの軽自動車を新車で購入しました。

 

 

毎月25,000円の5年ローンでした。

 

 

3年半ほどローンを支払ったのちに結婚を期に車の売却をすることになりました。

 

ローンの残っている愛車を売りました
その時ローンの残りは40万円ありました。

 

 

車の売却をするにあたって先ずインターネットの中古車販売店のサイトで自分の車と同じ車種、

 

同じ年式、

 

同じ色の車を検索して販売価格を調べました。

 

 

先ずは自分の車がいくらで売買されているのかを頭に入れることはとても重要だと思います。

 

 

これを頭に入れておけば、

 

実際に自分の車を売る時に損をすることなく妥当な金額で売却することができます。

 

 

そして次は、

 

またインターネットで「最大10社と比較 買取額比較サイト」で10社一斉に比較、

 

そして査定を申し込みました。

 

 

一斉査定なら何度も調べる必要もなく、

 

簡単に比較査定ができるので便利です。

 

 

インターネットで査定申し込みをしてから10秒後に車買取の会社数社から電話がかかってきました。

 

 

もうその仕事の速さに驚きました。

 

 

それだけ中古車は求められているんですね。

 

 

そして、

 

最初に電話がかかってきた3社の担当者の方と会うことにしました。

 

 

1日に3社の方に実際に車を見て査定してもらうつもりだったので、

 

翌日の午前10時と午後2時と午後4時に約束を取り付けました。

 

 

まず10時に最初の買取販売会社の方が家に車を見に来られました。

 

 

白いスーツに金色のネックレスとブレスレットと色付きメガネ。

 

 

そして金髪で短髪の少しコワモテな方でした。

 

 

お年は30代後半くらいでしょうか。

 

 

芸能人で言うとサンドイッチマンの伊達さんに似ていました。

 

 

私は少しその方の出で立ちに圧倒されていましたが、

 

大切な自分の車を売るわけですから怯んではいけないと思い、

 

しっかりと目を見てお話しをさせていただきました。

 

 

車検証を見せて年式や型をチェックされ、

 

事故歴や修理歴がないかの確認や、

 

傷があるかどうかのチェックも入りました。

 

 

10分ぐらいチェックされたあと、

 

伊達さん似の担当者が携帯電話で会社の社長に連絡を取り、

 

買取価格の相談をしていました。

 

 

そして決められた買取価格は50万円でした。
ローンの残っている愛車を売りました

 

ローンの残り金額は40万弱。

 

 

車を売却したお金でローンを完済させてもお釣りがくる金額でしたので安心しました。

 

 

買取価格に不満はありませんでしたが、

 

残り2社にも査定してほしかったので「とりあえずこれで保留に…」

 

と申しましたら相手の担当者が「この金額はうちの精一杯の限界の金額です!

 

他ではここまで高くならないと思いますよ!

 

ここで決めましょうよ!

 

僕も他社さんの踏み台にはなりたくないんです!」と、

 

伊達さん似のコワモテの担当者にかなりの圧をかけられました(そんなに怖くはなかったですが)

 

最初に「このあと他社とも同日に約束をしているかどうか」を聞かれていました。

 

 

これを正直に答えた私のミスです。

 

 

足元を見られたかなと思いました。

 

 

結局その担当者の熱意?に負けて、

 

1件目の査定で売却を決めました。

 

 

担当者に「このあとお約束されている買取会社さんには僕から断りの電話を入れておきますから大丈夫ですよ。」

 

 

と言われました。

 

 

やはり営業・販売はこのくらい強引でなければ顧客を勝ち取れないのだなと感じました。

 

 

そのまま外で売買契約書を書かされ、

 

取引成立しました。

 

 

そしてその担当者は同じ会社の社員を携帯電話で呼び、

 

私の売却した車はそのまま契約した担当者が運転して持って行きました。

 

新車で愛着のあった車でしたが

 

新車で愛着のあった車でしたが、

 

こんなにもあっという間にサヨナラすることになるとは、

 

何とも寂しい気持ちでした。

 

 

ですが、

 

なんだかんだ言っても買取価格には不満はないし、

 

短時間で手続きが終わって良かったと思いました。

 

 

トップページに戻る

 

ローンが残っている車を売ったことある?