下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?

車を買い替えたいという時、

 

古いクルマを処分したいならば下取りあるいは車買取に出したほうが、

 

新車を買うお金の足しになるので負担が軽くなります。
下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?
でも、

 

どちらも車を売るという意味でとても馴染みがある言葉なのに、

 

その2つの違いをよく理解していない人は少なくありません。

 

 

まず下取りですが、

 

新車をディーラーから買う時に、

 

古い車を売った金額が新車の購入代金に充てられます。

 

殆どの場合は、

 

新車の価格のほうが高いので下取り価格は実質的に割引をされているようなものです。

 

下取りをすることのメリットは、

 

新車を買う店と古い車を処分する店が一緒なので、

 

手間と時間を省くことが出来て簡単です。

 

 

車は購入も処分も書類がいくつも必要になりますから、

 

面倒な手続きを嫌う人にとっては良いでしょう。

 

また、

 

ディーラーで新車を購入するとき、

 

交渉次第で値引きをしてくれますが、

 

その金額には限度があります。

 

そうなると普通ならそれ以上安くは購入できません。

 

そこで下取りを依頼すると、

 

価格を高くして実質的な値引き額を上げることができます。

 

下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?
車を仕事や買い物で毎日使うというときには、

 

古い車を処分してから新しい車を購入するという流れで車がない日があると困ります。

 

でもこの場合にはディーラーが新車を納品するときに、

 

古い車を引き渡せばいいので買い替えの当日まで車のある生活を維持できます。

 

車によっては、

 

車によっては、

 

あまりに年代が古かったり人気のない車だとほとんど金額がつかないこともあります。

 

買い取りだと引き取ってくれないこともありますが、

 

下取りであればそこそこの金額をつけてくれます。

 

 

ただし、

 

ディーラーは新車の販売に力を入れています。

 

古い車を売って利益を得ようという気持ちが弱くいので、

 

相場のことを考えて価格をつけているのではなく、

 

それよりも低い価格をつけることがあります。

 

 

そうなると、ディーラーに任せると損をしてしまうかもしれません。

 

 

ディーラーを選ぶときには、

 

新しい車で欲しい車種が決まっているということになりますから、

 

一番高い価格をつけてくれるところを探して依頼するという検討の結果ではないです。

 

 

一方で車買取は、

 

中古車の買い取りする専門店で古い車を売って、

 

お金をもらうことです。

 

中古車のオークションで取引される金額が基準となりますから、

 

高値買取が行われやすいです。

 

オーナーが自分で取り付けた社外品パーツがあれば、

 

より金額が増えることもあります相場はあるものの個別の専門店を見てみると全く同じ金額というわけではありません。

 

車買取の専門店は、

 

全国各地にありライバル店との差別化を図るために、

 

高値をつけて競争に打ち勝とうとします。

 

その結果として価格が上昇しやすいのが特徴です。

 

各店舗の価格を見積もりで把握すれば、

 

比較検討して一番高く売れるところを探すことも出来ます。

 

 

新車の購入をするときの負担を減らしたいというときには、

 

車買取専門店に任せたほうが古い車を処分して得られる利益が大きくなりますから軽くなります。

 

 

どちらに任せたほうがいいのかは、

 

手続きの手間、

 

処分したい車につけられる価格などを総合的に考えて選ぶべきです。

 

 

 

トップページに戻る

 

下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?